バッチフラワーレメディー詳しい使い方

売れ筋ランキングのページ


 フラワーエッセンスはエネルギー物質(成分)ではないので薄めても力は薄まりません。マイナスイオンウォーターで体にふり掛けることがベスト。カラーのリーフレットより詳しい状況判断指標リーフレットと照らし合わせて判断下さい。
飲み水に入れてもOK!! 価格 :各2、420円(税込み)10ml  レスキュークリーム30g 2、520円(税込み)
猫のフラワーエッセンス&アロマ用品の特注オーダー又は
質問はクリック ヒーリングセラピストに直通
商品がどのような症状に使えるのか表記できません。ご了承くださいませ。

レメディの名前

No.1   アグリモニー     

詳しい指標は
こちらから
No.2   アスペン    
No.3   ビーチ   
No.4   セントーリー    
No.5   セラトー    
No.6   チェリープラム   
No.7   チェストナットバッド   
No.8   チコリー   
No.9   クレマチス    
No.10   クラブアップル  
No.11   エルム    
No.12   ゲンチアナ    
No.13   ゴース    
No.14   ヘザー    
No.15   ホリー    
No.16   ハニーサックル    
No.17   ホーンビーム    
No.18   インパチエンス    
No.19   ラーチ    
No.20   ミムラス   
No.21   マスタード  
No.22   オーク  
No.23   オリーブ   
No.24   パイン  
No.25   レッドチェストナット   
No.26   ロックローズ   
No.27   ロックウォーター   
No.28   スクレランサス    
No.29   スターオブベツレヘム  
No.30   スウィートチェストナット  
No.31   バーベイン  
No,32   バイン  
No.33   ウォルナット  
No.34   ウォーターバイオレット  
No.35   ホワイトチェストナット  
No.36   ワイルドオート  
No.37   ワイルドローズ  
No.38   ウィロー  
No.518-8 ベンベリー
(酸っぱくないので、直接飲むことができます)
No.518-26 アラムルート
(酸っぱくないので、直接飲むことができます)
No.530 ワイルドFオーラスプレー
(アトマイザー付き)


*病気や特定の症状に対しては、獣医の診断をあおぐようにして下さい。

バッチフラワーレメディの使い方

1.飲み水やえさなどに、38種類のレメディのうち、ペットの状態に合わせて選んだもの 5種類位までを、2滴ずつ入れます。レスキューレメディの場合は、4滴入れて飲ませるようにします。
 
2.一時的な状態ではない場合や、レメディのにおいをペットが嫌がるようなら、トリートメントボトルを作ります。 30mlのスポイト付の遮光ボトルに、ミネラルウォーターを入れ、選んだレメディ6〜7種類までを、2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴入れます。
 
3.1回4滴飲ませます。口に直接たらしてあげるか、(スポイトの先が口についたり、かじったりしないよう気をつけます。)飲み水やえさに混ぜます。それを1日4回以上とれるようにします。レメディは冷蔵庫に保管し、3週間以内に使いきるようにしましょう。飲み水に入れる場合、一度に飲みきらない時は、多めに入れるようにします。
 
4.レメディをとることに抵抗を示すような場合は、トリートメントボトルの中身をペットがよくなめる箇所に塗るか、くちびる、鼻、肉球、耳の後ろなどに塗ったり、スプレー容器に移して吹きかけたり、自分の手に吹きかけてからマッサージをしてあげるようにすると良いでしょう。 

◎ お奨め!!ペットに振り掛ける。  

トリートメントボトルスプレータイプにそれぞれのレメディを入れ、 マイナスイオンウォーターラベンダー(上記右写真)で薄める。この時先にレメディを入れましょう。程よく猫や犬の好きな天然水が相乗効果をもたらし、心と体に取り込みやすく嫌がりません。また、スプレー噴霧が嫌いなペットには手に2から3回プッシュし、手のひらで伸ばして体に塗ってあげてください。(スプレーボトル・マイナスイオンラベンダー水別売有り)
NO.514 「ペットの心と体をいやすフラワーエッセンスレメディー」
1580円(税込み) 犬、猫などの詳しい説明も載っています。
バッチフラワーレメディー詳しい使い方

売れ筋ランキングのページ

猫のための
バッチフラワーレメディ